~密会~ブログ  

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017.12.29 段落

2017.12.26 早い、早い、、父親が亡くなった。回復とまではいかなくてももうちょっと先だと思っていた。医者の話からしても、だ。よく 急変 と言うことを聞くが正しくそれだった。この日は仕事で現場に出ようとしていたとき、その前に携帯をチラッと見た。着信が入っていた。2件。折り返すが連絡がつかない。つながらない。めぐるのは病院だからか?病室にいるのか?ってこと。弟と看護婦の従姉どちらもつかまらない。5~6回で繋がった。以後の仕事の手配をして病院へ向かった。【急変】病室を移っていた。10時20分ごろだったと思う。比較的穏やかだった親父が酸素マスクをつけてゼィゼィしている。心電もとっている。今晩がヤマだと連絡があったときは、ウソだろ?と思った。すでに来ていた近親者を押し退けて入った。数値は保っているが厳しすぎる状態。必死に戦っていた。周りが必死に声をかける。サブちゃん。しばらくいて着替えるために自宅に戻った。その場を弟に託して。30分ちょい。戻ったとき目に飛び込んできたのは56という数字だった。絶望でしかなかった。ただ見つめるだけだった。そこから30分。赤くむくんで頑張った顔が穏やかに白んでいった。心電も平たんになり呼吸も止まった。送り続ける酸素の音だけが虚しい。12時42分。穏やかな顔だったなぁ。主治医がやってきた。12時47分。臨終。帰ってきた。この日は町の暮市が立つ日。みんなが正月の準備をする日。日取りを打ち合わせする。一般には年内に終うところだが、親父は長いこと海で生きてきた人。今は船も下りてるけど、そこには地元の習わしがある。網元、船方のしきたりがある。なので、正月、松の内は如何ともならない。12月28日に火葬した。実質的な通夜だった。小さな骨壺に納まって帰ってきた親父。みんなが親父を慕っていた。遺影の写真は普段のイメージとは違う小洒落たサブちゃん。ニコニコ笑ってる。参ったな。とりあえず、年内一段落といったところか。。あとは年明けに通夜と告別式を執り行うだけだ。もうちょっと、もうちょっとだけ、一緒にいたかったな。どんだけ怒られてもいいからもっともっとずーっと一緒にいたかったよ。でも好きな酒を飲んでたんだもんね。そのときまで飲んでたんだよね。。よかったね。とーちゃん。
[PR]
by happystyle87 | 2017-12-30 06:21

2017.12.21 人生最大の事件だ。

師走。忙しかった。仕事を終えてクルマに乗るもフロントガラスは凍てつき視界が確保できない。エンジンをかけて暖気。15分、20分と携帯をいじりながら暖をとる。22時35分ギアをDに入れた。帰宅したのは23時10分ごろ。金魚の水槽に注水した。居間の電気がついていた。テレビの音がしていた。また酔って炬燵で寝てるんだな。襖を開けるとそこに父親が横たわっていた。こんなとこで寝ちゃう?って。揺り起こした。反応しない。声をかけた。反応がいつもと違う?ん?仏壇の線香立て、灰がかかっていた。あ、、?目はうっすら開いている、手は動いている。声を発しない。弟に電話をした。23時19分【緊急】だ。119通報。23時22分。体の反応を見ながら冷静に電話をしている自分がそこにいた。 なぜだ? 全く動じず非情なほど冷静に応答していた。状況、状態、反応を一通り伝えた。電話を切って手を握った。力はないが分かってくれているようだ。弟が来た。そこから2分ぐらい。救急車到着。隊員が上がってきた。バイタル、状態を確認。ストレッチャーで運ぶ。心電確認、受け入れ先の確認。その間に本人の診療状況を聴取される。薬は飲んでいたけど本当に元気で他の同年代より活発だった。心配の必要なんてこれっぽっちも考えたことがない。受け入れ先が決まった。搬送。23時40分ごろ。救急でチェック、CTを撮った。ちょっと危険。覚悟が必要な状況。部屋の状況からしても倒れて4時間は経っている。それはCTの画像を見てもわかる。病室の確保。当面は仕事以外をすべて白紙とすることにした。12月23日の朝、まだピンと来てないのかもしれない。ただこれは忘れないうちに記しておきたかった。祈ろう。
[PR]
by happystyle87 | 2017-12-23 08:42



それはやっちゃダメでしょ!?そこまで書いたらヤバいって。そんな感じで書いてます。ご了承ください。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
注目の新人!!